2017年度インゼミ@慶応大学

こんにちは。 12月17日(日)、慶應義塾大学日吉キャンパスで開催されたインゼミ(合同研究発表会)に参加してきました。蜂巣ゼミは昨年に続き2度目の出場です。 今回、インゼミで研究発表を行ったのは、 ●菊澤ゼミ (慶應義塾大学 商学部)3年生の4チーム ●永野ゼミ (立正大学 経営学部)3年生の2チーム ●蜂巣ゼミ3年生の4チーム ●橋本ゼミ (東京都市大学 経営学部)3年生の1チーム です。 蜂巣ゼミからはアイリスオーヤマチーム、ABC-MARTチーム、ヤンマーチーム、ディズニーチームの4チームが代表して発表しました。 全4ゼミが参加した今回のインゼミですが、私たち蜂巣ゼミ4チームの発表は大変盛り上がり、渡部先生(慶大常任理事、名誉教授)、菊澤先生(慶大教授)、永野先生(立正大教授)、橋本先生(東京都市大講師)の各先生からも、たいへん貴重なコメントを頂きました。 普段のゼミでの成果を、今回のインゼミでいかんなく発揮できたと思います。本当に素晴らしい学びの場をご提供くださった慶應義塾大学の渡部名誉教授と菊澤教授には、感謝しきれません。 それでは、以下、発表チームの発表後の感想やコメントを紹介します。 【出場チームからコメント】 ●アイリスオーヤマチーム 「アイリスオーヤマのメーカーベンダーシステム ~取引費用経済学による分析~」 左から:栗林・大塚・森下(3年) 「研究テーマであるアイリスオーヤマはメーカーベンターという特異な制度を導入していることもあり楽しみながら研究することができました。班員それぞれが自分の苦手な部分を補いあえる関係でとてもスムーズに研究をすることができました

産官学連携

こんにちは、蜂巣ゼミです。 12月10日(日)に北区で開催された産学連携大会「地域の魅力発信プロジェクト2017in北区」において、蜂巣ゼミの2年生チーム"2代目はっちーず"が最優秀賞に輝きました!!! 今年はアクリルを用いた製品開発というテーマのもと取り組み、試行錯誤の結果、アクリルを用いた「行先表示盤」という製品を開発しました。 これは、研究室への訪問者と教員のコミュニケーションの難しさを解決するため、産学連携メンバーによって提案されました。 発表当日、メンバーはたいへんな緊張のなか、いままでの成果を最大限発揮し、プレゼンを成功させました!本当にお疲れ様でした! 【2代目はっちーずのコメント】 福永 やることが多くどこから手をつければいいか分からない状態から始まりましたが、最優秀賞を頂いたことで努力が報われた気がして、とても嬉しかったです。 田中 去年の先輩達が最優秀賞を受賞したプレッシャーもあり、質の高いパワーポイントや案などを限られた時間内に作るのが大変でしたが、役割を分担して一人一人が主体的に取り組んだ結果、最優秀賞の受賞に繋げる事ができたのではないかと思っています。 今回の大会で終わりではなく、発表通り、製品販売を実現させ、さらにこの先のゼミ活動でもこの大会で学んだ事を今後に活かしていきたいです。 金子 時間が限られているのでその中で効率よく作業するのが大変でしたが、みんな仲良かったので集まるの辛いなーとは感じませんでした!最優秀賞もらったときはほんとに嬉しくて抱きしめたくなりました。 木口 アクリルを使った新商品というテーマでしたが、なかなかアイディアが浮かばず大

​東洋大学 経営学部 蜂巣旭ゼミナール

Hachisu Seminar

Copyright©2016 Hachisu Seminar All rights reserved.