第4回 ポスター配布の報告

こんにちは。 第4回のポスター配布は赤羽、十条、王子、田端エリアで、まだポスター掲出のご依頼ができていないところを中心に配布しました。 今回も北区の皆様にご協力いただき、たくさんのお店に掲示させていただきました。 私たちは掲示していただいたお店をGoogle Mapsにハートマークのピンを付けることで、ゼミ内で掲示箇所を共有しているのですが、「北区中をハートマークで埋めよう」という目標を立てて活動しています。 今回もまた北区の魅力にたくさん触れることができました。 その一例が『豊島中央通り商店街』です。 その中にある「ライス・ワン」で40年前に東洋大生だった店主さんに出会いました。 店主さんのご厚意により、混ぜこみワカメのおにぎりを頂き、エネルギーをチャージできました。 他の場所でも東洋大出身の方に出会って優しさを感じる場面が何度もありました。 「ごくろうさん」「頑張ってね」 そんな温かい言葉が私たちの心に響きました。 本活動はさまざまな方や機関にご協力いただき成り立っています。 例えば、北区にある都電の停留所でもポスターを掲示していただいてます。 次回も北区の魅力発信、ポスター配布を頑張りたいと思います。 #プロジェクト #地域の魅力発信プロジェクト2016in北区

赤羽八幡神社

こんにちは。先日、赤羽で興味深い神社に出会ったのでご紹介します。 赤羽駅西口から徒歩数分の「赤羽八幡神社」です。 先日、バレー全日本男女代表監督が当神社で必勝祈願を行ったことが記憶に新しいですが、こちらの神社は様々な顔を持ち、全国から多くの方が参拝されるそうです。 階段を上り境内に入ると「大国主神社」があります。 大国主神社のご祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)は、この世の縁を司る神様だそうです。都内でも特にアクセスの良い恋愛成就の神社ということで、多くの人々が参拝されるとのこと。 境内にある「恋みくじ」を引いたところ結果がすぐれなかったので、私たちはしっかりお祈りしてきました。 またこの神社は高校日本史でも習う、初めて征夷大将軍になった坂上田村麻呂による由緒正しき神社で、その歴史は平安時代にまでさかのぼるそうです。「蝦夷征討」の際にこの赤羽台の地に陣を張り、八幡三神を勧請したと言い伝えられています。 加えてこの神社では全国的にも珍しい新幹線の線路の上に神社を構える数少ない神社として有名です。 ​境内の下に新幹線のトンネルがあり、東北・上越・北陸地方へ向かう新幹線は全てこの神社の下を通っていくそうです。新幹線を撮影するには最適な撮影スポットとして有名だそうです。 このような側面から縁結び・歴史・鉄道に興味のある方が多く集まるこの神社は、さらにもう一つ、全国的にもユニークな一面を持っています。 神古代中国の風水思想に基づくと、現在は下元8運期(2004年2月4日~2024年2月3日)という180年間で特に運気のある時期だそうです。 8はそれ自体、風水では最もパワーのある数

​東洋大学 経営学部 蜂巣旭ゼミナール

Hachisu Seminar

Copyright©2016 Hachisu Seminar All rights reserved.