産学連携プロジェクト大会 結果報告

こんにちは。一期生の吉井勇稀です。 11/28(月)、東京都北区の北とぴあにて実施された北区の産学連携プロジェクト 「地域の魅力発信プロジェクト2016 in 北区 企業部門」に参加しました。 この産学連携プロジェクトでは、株式会社新栄プロセス社のユポ静電気技術を応用したSee Catchの販路開拓を検討してきました。 蜂巣ゼミでは「静電気技術を応用した疾患啓発広告」を提案し、普段のゼミで行う発表とは一味違った貴重な経験をすることができました。 プレゼン担当の成田さん、女子力をいかした美しいスライドを作る大木さん、まとめ役となりつつ成田さんを大いにサポートした日下部さん、アンケートや調査担当の塩浦さん、そしてサポートの吉井と、それぞれが自分の強みをいかすことで、限られたスケジュールのなかチームとして最大限の成果をあげることができました。誰か一人欠けても今回の成果にはつながらなかったと思います。 また、同大会に参加された東洋大学菊地ゼミ、鈴木ゼミ、成城大学内田ゼミ、神田ゼミの皆様も様々なアプローチで同大会に取り組まれており非常に刺激になりました。とくに優秀賞を受賞した菊池ゼミの行動力やプレゼンは素晴らしく、あのチームと競えたことがとても光栄でした。 さて、結果報告ですが、今大会にて蜂巣ゼミは最高賞である北区長賞(最優秀賞)を受賞しました。 ※左から吉井勇稀(2年)、成田大輔、日下光希、大木香奈、塩浦亮太(それぞれ3年) 今日に至るまで指導教員である蜂巣先生に助言をいただいただけでなく、製薬会社の皆さん、医療向け広告代理店の方、クリニックの先生、MRの方などから、医薬広告に関して様

オープンゼミ

こんにちは。 今日は、個別説明会とオープンゼミを開催しました。 個別説明会では、ゼミの概要について先生からお話があり、その後ゼミ生が「ゼミ生の一週間」のモデルケースを説明しました。 蜂巣ゼミを検討している1年生に、現ゼミ生が各自、ゼミ前にいかに発表準備の時間を確保しているか伝われば幸いです。 蜂巣ゼミは決して楽なゼミではありません。しかし、各自がしっかり自分で準備時間を確保できるならば、他の活動とも両立は可能です。 個別ゼミ説明会の後半には、ゼミ生がチームに分かれて1年生に個別に質問対応をしました。 そして続くオープンゼミでは、研究班の発表1件とグループディスカッションを1セットとし、3限と4限でそれぞれ1セットずつ行い、ゼミ風景をご覧いただきました。 3限が「カルビーのダイバーシティ経営」、4限が「アサヒビールの国際戦略」について発表を行いましたが、どちらも馴染みのある企業であったからか、1年生が集中して発表を聞いてくださったように思います。 研究発表後のディスカッションでは、3限で「解雇規制の緩和に賛成か反対か」、4限で「現在海外に普及していない日本のモノ・サービスのなかで、海外に輸出すべきモノ・サービスは何か」について議論を行い各班の発表を行いました。 蜂巣ゼミのグループディスカッションでは、直前にくじ引きで班を決め、その場でテーマが発表され、20分という短時間で各班の意見を集約せねばなりません。これは就職の採用の場面でも行われている方式ですから、就職に向けて良いトレーニングができます。 オープンゼミでは、普段のゼミ風景通りの姿を凝縮して皆さんにお見せできたかと思います。

​東洋大学 経営学部 蜂巣旭ゼミナール

Hachisu Seminar

Copyright©2016 Hachisu Seminar All rights reserved.